新規登録 ログイン

15_80 確率分布と統計的な推測 / 確率分布/二項分布/正規分布/期待値

分散と標準偏差の求め方

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
分散と標準偏差

・・・
・・・

このような確立分布があったときに、Xの期待値をmとします。
このmと、Xがそれぞれとる値がどれぐらい隔たりがあるのかを考えてみます。

X=x1のときは(x1-m)
X=x2のときは(x2-m)
X=x3のときは(x3-m)
X=xnのときは(xn-m)

Xとmの大小関係がわからないので、全部2乗にして考えます。


つまりこれらの集合は、 を確率変数としたものとなります。
確率変数 の期待値 を確率変数Xの分散と言いV(x)で表します。

また、 のことを標準偏差と言い、 で表します。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学B』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 13,764 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 5 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。