新規登録 ログイン

26_80 地学基礎:変動する地球 / 地学基礎:日本の自然環境

日本が受けてきた自然災害~気象災害~

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

日本は多くの自然に恵まれており、昔から様々な恩恵を受けてきました。
しかし、それと同時に自然災害とは切っても切れ話せない環境にあるということも考えなくてはなりません。
ここでは、我々が直面する自然災害、中でも気象に関係するものについてまとめています。
台風

日本は熱帯低気圧の通り道であるために、夏~秋にかけて多くの台風がやってきます。
台風とは、熱帯低気圧の中でも最大風速が17m/sになったもののことを言います。


台風による暴風雨によって多くの被害が出ているのはご存知だと思います。
気圧の低下によって界面が高くなる高潮が引き起こされることもあり、各自治体では防波堤を作るなどの対策を講じています。
まとめ

その他にも集中豪雨や豪雪など、時期や地域によって我々は昔から自然の災害と付き合ってこなければなりませんでした。地震や火山の予測に比べて気象の予測は非常に制度の高いものとなっており、近年、自然災害による犠牲者は縮小されているようです。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 地学基礎』 数研出版
『教科書 地学基礎』 啓林館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,182 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。