新規登録 ログイン

26_80 地学基礎:変動する地球 / 地学基礎:地層/地質構造/古生物

隠生累代と顕生累代

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

地球が誕生して約46億年と言われています。生物がまったくいなかった始めの6億年以降、生物はその生態を変化させて命をつないできました。生物の死骸は化石となって現在に様々なメッセージを発信してくれています。
隠生累代と顕生累代

生物が誕生してから現代に至るまでを地質時代といいますが、生物が真核生物から無脊椎動物に進化した時代を境に2つに分類することができます。

無脊椎動物が誕生する前の時代を隠生累代、誕生後を顕生累代と言います。隠生累代は別名「先カンブリア時代」とも言い、顕生累代は古い方から古生代中生代新生代の3つに区分されます。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 地学基礎』 啓林館
『教科書 地学基礎』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,398 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。