新規登録 ログイン

23_80 化学:無機物質 / 化学:遷移元素

鉄(Ⅱ)と鉄(Ⅲ)の反応の違い

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
鉄(Ⅱ)と鉄(Ⅲ)の反応

鉄には鉄(Ⅱ)と鉄(Ⅲ)と2種類のものがあります。
「(Ⅱ)」は酸化数が+2、「(Ⅲ)」は酸化数が+3ということです。
+2のものを酸化させると+3に、+3のものを還元すると+2になります。

鉄は酸化すると酸化鉄になりますが、+2のものが酸化すると酸化鉄(Ⅱ)に、+3のものが酸化すると酸化鉄(Ⅲ)となり、前者は黒色、後者は赤褐色となります。いわゆる黒錆と赤錆ですね。

鉄(Ⅱ)の反応

 を含む水溶液は淡い緑色をしています。この水溶液に強塩基のものを加えると緑白色の水酸化鉄(Ⅱ)が沈殿します。



また、ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)カリウム水溶液を加えると、青色沈殿が起こることも併せて覚えておきましょう。シアンが青色であると覚えていると理解がしやすいです。

鉄(Ⅲ)の反応

 を含む水溶液は、黄褐色をしています。この水溶液に強塩基のものを加えると赤褐色の酸化鉄(Ⅲ)が沈殿します。

 

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高校化学Ⅰ 改訂版』 啓林館
『教科書 化学Ⅰ 東京書籍』

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,775 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。