新規登録 ログイン

23_80 化学:化学反応と化学平衡 / 化学:可逆反応/化学平衡とその移動

高校化学 ルシャトリエの原理~圧力が変化した場合~

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
前回のおさらい

前回のテキストでは、ルシャトリエの原理の中から、温度が変化したときの原理について説明をしました。
今回はその続きで、圧力が変化した場合について説明していきます。今回で最終回ですので、がんばっていきましょう!

圧力を変化させた場合

ここが一番わかりにくいところかもしれません。
『化学Ⅱ ニューグローバル』によると
圧力を大きくすると、平衡は気体の分子数が減少する向きに移動、一方で圧力を小さくすると、平衡は気体の分子数が増加する向きに移動する


となっていますが、わかりにくいかと思います(汗)

例として次の反応を考えてみましょう。


左辺はN2が1mol、H2が3molで、右辺はNH3が2molですね。
気体の分子数、これはモルに比例をします。

圧力を大きくすると、左辺の4molと右辺の2molがだんだんと圧縮されていきます。現状は4mol:2molでバランスがとれていますが、だんだんとバランスが崩れ、左辺の方が重くなってくるはずです。ここで平衡は右の方に移動をして2molを助けようとします。
圧力が強くなった場合、反応前と反応後とで、モル数が少ない方に平衡は移動する

では次のような場合はどうでしょう。


左が2molで右も2molで吊り合っていますね。このような場合、圧力が変わっただけでは平衡は移動しません。
化学反応式の反応前と反応後のモル数が同じ場合は、圧力の変化だけでは平衡は移動しない

Tunagari_title
・高校化学 ルシャトリエの原理~圧力が変化した場合~

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新化学Ⅱ』数研出版
『化学Ⅱ ニューグローバル』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 37,089 pt 
 役に立った数 141 pt 
 う〜ん数 14 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。