新規登録 ログイン

23_80 化学:化学反応と化学平衡 / 化学:可逆反応/化学平衡とその移動

高校化学 可逆反応と不可逆反応とその例

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
可逆反応と不可逆反応

化学の反応には2タイプのものがあります。可逆反応不可逆反応です。この2つの反応は相反する反応です。早速みてみましょう。
可逆反応



この反応は、水素とヨウ素からヨウ化水素が生成される反応です。
よくみてみると、矢印が左から右だけではなく右から左にも向いており、両方の反応が成り立っていますよね。

水素とヨウ素を混ぜ合わせると、一部が化合してヨウ化水素が生成されます。
一方で、この生成されたヨウ化水素を瓶の中に放おっておくと、一部が元の水素とヨウ素に戻ります。

このように、物質が生成される反応と物質が分解される反応、どちらも起こる反応のことを可逆反応と言います。反対が可能だから可逆、覚えやすいですね。

一方で、可逆反応のように生成と分解の反応どちらも起こるわけではなく、どちらか一方だけの反応しか起こらない反応のことを不可逆反応と言います。

可逆反応の例

可逆反応には他に、



などがあります。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『化学Ⅱ ニューグローバル』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 17,052 pt 
 役に立った数 21 pt 
 う〜ん数 9 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。