新規登録 ログイン

20_80 国民経済と国際経済 / 国際経済のしくみ

国際分業と貿易

著者名: 逆転検事
Text_level_1
マイリストに追加
なぜ貿易が行われるのか

人類は歴史上、様々な地域で富の交換、すなわち貿易を行ってきました。

貿易はなぜ行われるのでしょうか。

古代、人々は物々交換でほしいものを手に入れるしかありませんでした。

しかし、貨幣が発明されると、モノの価値が同じ尺度で測れるようになり、価値そのものも貨幣を通じて保存することができるようになりました。

その結果、さまざまな国や地域で、自国の特産品を生産し、他国に輸出し、自国にないものを他国から輸入するという状況が起こり始めます。

これが、自国の生産物と他国の生産物を貨幣を媒介として交換する貿易の始まりでした。

国際分業の利益

貿易の進展に伴い、各国は自国の得意な生産品を集中して作るようになり、その結果国際分業が行われるようになりました。

国際分業が行われると、各地域の資源が効率的に生産活動に使われ、その結果国際的に利益が増加するのです。

この国際分業の有用性を、経済学の視点から説明したのが、イギリスの経済学者リカード(1772年~1823年)です。

彼は、自国の特異な商品を特化して生産する意義を、比較生産費説で説明しました。

比較生産費説とは

リカードは、自国イギリスと、貿易相手国ポルトガルを対象に、比較生産費説を唱えました。

イギリスは、毛織物の産地でポルトガルはワインの産地でした。

2つの国では、以下の表のような生産構造になっていました。この時、貿易は2国のみ、生産物も毛織物とワインのみ、2国の労働者は自国から移動できないという前提があるものとします。

特化前


 イギリスポルトガル
毛織物1単位生産の労働者数100人90人
ワイン1単位生産の労働者数120人80人


特化後


 イギリスポルトガル
毛織物生産220人で2.2単位生産可能
ワイン生産170人で2.125単位生産可能


この表からわかるように、イギリスでは毛織物の生産を220人で行うことによって、220人÷100人=2.2単位生産できます。
一方ポルトガルでは、ワイン生産を170人が行うことで、170人÷80人=2.125単位生産できます。

つまり、生産品を自国に優位なものに特化することによって、毛織物は0.2単位、ワインは0.125単位増産できるようになるのです。

リカードはこれを根拠に、分業と貿易の意義を説明しました。


Keyword_title

Reference_title
教科書 『現代社会』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 8,675 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。