新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語 桐壺 その15 読書始め

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。
【源氏物語 原文】

今は内裏にのみさぶらひたまふ。七つになりたまへば、読書始めなどせさせたまひて、世に知らず聡う賢くおはすれば、あまり恐ろしきまで御覧ず。

「今は誰れも誰れもえ憎みたまはじ。母君なくてだにらうたうしたまへ」とて、弘徽殿などにも渡らせたまふ御供には、やがて御簾の内に入れたてまつりたまふ。

いみじき武士、仇敵なりとも、見てはうち笑まれぬべきさまのしたまへれば、えさし放ちたまはず。女皇女たち二ところ、この御腹におはしませど、なずらひたまふべきだにぞなかりける。御方々も隠れたまはず、今よりなまめかしう恥づかしげにおはすれば、いとをかしううちとけぬ遊び種に、誰れも誰れも思ひきこえたまへり。

わざとの御学問はさるものにて、琴笛の音にも雲居を響かし、すべて言ひ続けば、ことごとしう、うたてぞなりぬべき人の御さまなりける
【現代語訳】

それからというもの、若宮は帝の近くにばかりいらっしゃいます。

七歳のときに書初め(読書)を始められると、若宮の類のない聡明さに帝は驚きになることも多々ありました。

「もうこの子を誰も憎むことはできないでしょう。母親がいないのだから可愛がってあげてください」と仰って、弘徽殿へも一緒に連れていかれ、御簾の中にまでもお入れになりました。

どんなに強い武士や仇敵であっても、この若宮を見ては自然に笑顔になるという程の美しさでしたので、弘徽殿の女御も可愛がらずにはいられませんでした。この女御は東宮のほかに二人の姫宮の母でもあったのですが、その姫宮よりも若宮の方がおきれいでした。姫宮たちも隠れることなく、若宮を賢い遊び相手として接していました。

若宮は、学問はもとより、音楽の才能にも優れており、まさに言葉通りの天才児であったといいます。


Tunagari_title
・源氏物語 桐壺 その15 読書始め

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『与謝野晶子の源氏物語』角川書店
『源氏物語を7日間で制覇する』ダイヤモンド社
『源氏物語』青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/index.html

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,577 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 19 pt 

知りたいことを検索!