新規登録 ログイン

25_80 物理基礎:物理現象とエネルギーの利用 / 物理基礎:電気

物理基礎 引力と斥力の求め方

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
引力と斥力の前に…

クーロンの法則

q1とq2という電気量をまとった2つの物質が、「r」だけ離れていたとき、そこに働く静電気の力「F」は

で求めることができました。これがクーロンの法則です。

このクーロンの法則に乗じて、引力と斥力の求め方について説明しましょう。

引力と斥力

まず引力ですが、これは耳にされた方も多いかと思います。
引力とは、お互いが引かれ合う力です。

そして斥力とは、引力とは逆に反発し合う力のことです。

じつはこの引力と斥力とはすなわち、2つの物体間に働く静電気の力「F」そのものなんです。つまり、先ほどの公式

を使って求めることができます。

Fの値がマイナスであればそれは引力プラスであればそれは斥力が働いているということになります。

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新物理ⅠB・Ⅱ』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 12,967 pt 
 役に立った数 8 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。