新規登録 ログイン

16_80 微分法 / 高次導関数など

導関数の導関数~第2次導関数~

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
第2次導関数とは

関数「y=f(x)」の導関数は、「y’=f’(x)」ですよね。
このy’=f’(x)がさらにxでの微分が可能であるとします。(つまり、一度微分して求めた導関数をさらに微分するということです。)

このときできる導関数を「y=f(x)」の第2次導関数といいます。
簡単に言うと、導関数の導関数ということですね。

これを次のような記号で表しますので覚えておきましょう。
 、 、 、
実践

では実際に問題を解いてみましょう。
 の第2次導関数を求めなさい

考え方

まずyの導関数「y’」を求め、さらにそれを微分すればよい。
解答




このようになります。特に新しい点はありませんね!

Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学Ⅲ』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 9,801 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。