新規登録 ログイン

2_80 動詞 / 2年:過去進行形

過去進行形の否定文の作り方

著者名: ほりぃ
Text_level_1
マイリストに追加
過去進行形

「~していました」のように、過去の動きを表す表現をするのが過去進行形でした。
「主語+be動詞(過去形)+~ing」とするんでしたね。

ここでは、過去進行形を使った否定文の作り方を説明しましょう。
過去進行形の否定文

まず、現在進行形の否定文の作り方を思い出してみましょう。

私は今勉強はしていません
これを英文にしてみましょう。

I am not studying now

つまり現在進行形の否定文は
「主語+be動詞(現在形)+not+~ing」の形ですね。
be動詞と~ingの間に「not」が入ります。

過去進行形の否定文もこれと同じで、be動詞と~ingの間に「not」をいれるだけです。


では先程の例文を書き換えて、「私はそのとき勉強はしていませんでした」とか着替えてみましょう。 ※そのときは「at that time」を使います。

I was not studying at that time. となりますね。

過去進行形の否定文は、「主語+be動詞(過去形)+not+~ing

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『中学英語 自由自在』受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,173 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。