manapedia
オイラーの多面体定理
著作名: OKボーイ
13,703 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

正四面体や正六面体など、正多面体と呼ばれる図形には、頂点の数、辺の数、面の数に規則性があります。それを表した定理がオイラーの多面体定理と呼ばれます。
オイラーの多面体定理

多面体の頂点の数を「v」、辺の数を「e」、面の数を「f」としたとき、以下の定理が成り立ちます。
v-e+f=2

この定理のことをオイラーの多面体定理と言います。

以下の表は、多面体の頂点の数、辺の数、面の数を示したものですが、本当にそうなるか確かめてみてください。
正多面体面の数面の形頂点の数辺の数
正四面体正三角形
正六面体正方形12
正八面体正三角形12
正十二面体12正五角形2030
正二十面体20正三角形1230



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。