manapedia
倍数の和と差の性質
著作名: OKボーイ
5,684 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、倍数の和と差の性質を紹介し、その証明を行なってみましょう。
倍数の性質

aとbという2つの整数があります。このaとbがnの倍数であるとき、次のことが言えます。
a+bはnの倍数

a-bはnの倍数


この2つの性質の証明をしてみましょう。
証明

aとbはnの倍数ということから、「a=nk」、「b=nl」とおきます。
a+b=nk+nl=n(k+l)

k+lは整数なので、aとbがnの倍数であるときa+bもまたnの倍数であることがわかりますね。

同様にしてa-bを行なってみます。
a-b=nk-nl=n(k-l)
k-lもまた整数なので、aとbがnの倍数であるときa-bもまたnの倍数となります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。