manapedia
be動詞の過去形を否定文にするには
著作名: ほりぃ
5,435 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

be動詞を使った過去形の文章を、否定文にする方法を説明します。
be動詞の過去形を否定文にする

まずは現在形で否定文を作るときに、どのようにしていたかを思い出してみましょう。

I am at home. (私は家にいます)

これを否定文にしてみましょう。
I am not at home. (私は家にいません)こうなりますね。
be動詞「am」に否定の「not」をつけて否定文にしました。
過去形もこれと同じです。

I was at home. (私は家にいました) これを否定文にすると
I was not at home.( 私は家にいませんでした) となります。
be動詞のあとに否定の「not」をつける


「were」のときも同じです。
wereにnotをつけて「were not」とします。

省略

「was not」と「were not」は「is not」が「isn't」、「are not」が「aren't」とできたように省略ができます。

was not → wasn't
were not → weren't

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語