manapedia
英語での過去形の、否定文の作り方
著作名: ほりぃ
18,595 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、過去形の否定文の作り方について述べていきます。

過去形の否定文

まず、過去形の肯定文を1つ作ってみましょう。

「私は昨日、カラオケに行きました。」

これを英文になおしてみます。すると
I went to Karaoke yesterday. となります。

「行きました」は行く「go」の過去形で「went」を使います。
「go」は規則的に変化する動詞ではないですので覚えておきましょう。
否定形にしていきます。

では、いま作った文章を否定形にしていきます。

まず日本語を否定文にしてみましょう。
「私は昨日、カラオケに行きました。」 →「私は昨日、カラオケに行きませんでした。」

現在形ではどうだったかな?

ここで、現在形の文章を否定するときにどうしていたかを思い出してみてください。

I go to Karaoke. (私はカラオケに行きます。) を否定形にすると
I don't go to Karaoke (私はカラオケに行きません。)となりましたね。
これを応用します。

I went to Karaoke yesterday. を否定形にするとこうなります。

I didn't go to Karaoke yesterday. (私は昨日、カラオケに行きませんでした。)

現在形で使っていた「don't」の替りに「didn't」を使います。
過去形の肯定文を否定文にするときは、主語+didn't+動詞の原形



現在形であった3人称単数によって「do」が「does」にかわるといったややこしいことは起きませんので安心してくださいね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語