manapedia
英語で、過去形にすると不規則な変化をする動詞
著作名: ほりぃ
7,053 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

前回の続き

前回は規則動詞を過去形にするときのお話をしました。規則動詞とは、動詞の語尾に「-ed」もしくは「d」をつけて過去形にできる動詞のことでしたね。
今回は、規則動詞のように素直に変化をしてくれない不規則動詞について説明していきます。ぶっちゃけて言うと覚えるしかありませんので、頑張って覚えましょう。

不規則動詞

不規則動詞とは、動詞が独自に変化の形を持っている動詞のことです。
例をあげてみましょう。

I go to school. (私は学校へ行きます。)

これを過去形にしてみます。
I went to school yesterday. (私は昨日、学校へ行きました。)


規則動詞のルールに合わせると、「go」を「goed」としたいところですが、「go」は不規則な変化をする動詞ですのでそう簡単にはいきません。

不規則動詞とは、このように動詞が思い思いに変化をして過去形になる動詞のことを言うんですね。

不規則動詞の代表的な例をいくつかあげておきましょう。

動詞原形動詞過去形意味
gowent(ウェント)行く/行った
havehad(ハッド)持つ/持っていた
seesaw(ソウ)見る/見た
standstood(ストゥッド)立つ/立った
read(リード)read(レッド)読む/読んだ


ここに挙げただけではなく無数にありますので、出てくるたびにその都度覚えるようにしましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語