manapedia
空間図形の基本~体を空間に慣らしましょう~
著作名: OKボーイ
24,844 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、空間図形の問題を通して、空間図形を体に慣らしていきましょう。
ALT


図のように、立方体ABCD-EFGHがあります。
これについて次の設問を考えてみましょう。
問題

問1:ABとCGのなす角度を求めなさい

まずは、ABとCGのなす角度です。
この2つの辺は接していないのでなす角度がないと思われるかもしれませんが、この手の問題はABをDCに平行移動して考えてみましょう。

ABとCGのなす角度ということは、DCとCGのなす角度と同じということです。
∠DCG=90°なので、ABとCGのなす角は「90°」が答えとなります。

問2:DAとEBのなす角度を求めなさい

DAとEBのなす角度は、HEとEBのなす角度に等しいので、90°が答えですね。
平行移動」ですよー!頭に入れておいてください。

問3:ACとDGのなす角度を求めなさい

これも考え方は同じです。
ACとDGのなす角度は、ACとAFのなす角度に等しいです。
△AFCは正三角形なので60°が答えとなります。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学B