manapedia
論語 為政第二 10~12
著作名: 春樹
9,202 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

【原文】

10:子曰、視其所以、観其所由、察其所安、人焉捜哉、人焉捜哉。

11:子曰、温故而知新、可以為師矣。

12:子曰、君子不器。

【書き下し文】

10:子曰く、その以す所を視、その由る所を観、その安んずる所を察すれば、人焉んぞ捜さんや、人焉んぞ捜さんや。

11:子曰く、故きを温ねて新しきを知る、以って師と為るべし。

12:子曰く、君子は器ならず。
【現代語訳】

10:孔子がおっしゃいました。「人は行動を見られ、その行動の原因を考察され、何に満足しているかを知られれば、人はその本性を隠すことはできません」と。

11:孔子はおっしゃいました。「古くからの伝えを大切にして、新しい知識を得て行くことができれば、人を教える師となることができるでしょう。」と。

12:孔子はおっしゃいました。「君子は、器では図ることができない」と。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。