manapedia
導関数の計算法則
著作名: OKボーイ
3,708 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、導関数同士を四則計算させたときにどのような計算をするのかについてまとめています。
計算法則

2つの関数f(x)とg(x)があり、どちらも微分可能であるとき次の計算法則が成り立ちます。
y=f(x)+g(x)であれば、y’=f’(x)+g’(x)

y=af(x)+bg(x)であれば、y’=af’(x)+bg’(x)

{f(x)+g(x)}’f’(x)+g’(x)

{f(x)g(x)}’f’(x)g(x)+g’(x)f(x)

{f(x)÷g(x)}’{f’(x)g(x)+g’(x)f(x)}÷{g(x)g(x)}

{1÷f(x)}’=f’(x)÷{f(x)f(x)}


※a、bは定数とします。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
16_197 導関数の計算法則
10分前以内
>




数学III