manapedia
オランダの繁栄 ~オラニエ公ウィレムとユトレヒト同盟 オランダ独立戦争~
著作名: エンリケ航海王子
18,767 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに


ALT


(「デルフトの眺望」 ヨハネス=フェルメール作)

現在のオランダは以前スペインの領土でした。
このテキストでは、スペイン領だったオランダがどのように独立し、絶対主義時代に大国となっていったのかを見ていきましょう。

ネーデルラントとは

現在オランダやベルギーと言われる地域は、もともとネーデルラントと呼ばれていました。
ネーデルラントは中世以降、地理的に中継貿易地や毛織物産業によって栄え、有力な都市がたくさん作られました。その中でも、最も栄えた中心都市がアントワープでした。
これら地域は、それぞれの都市が権限を有していて、非常に分権的であったと言えます。
ネーデルラントは1477年にハプスブルク家の領土となり、1556年にスペイン=ハプスブルク家に移管されます。

スペインはネーデルラントを獲得すると、次第に軍事力を用いて圧政を敷くようになります。

こうした状況の中、本国スペインに搾取され、カルヴァン派(ゴイセン)の多かったネーデルラント市民の間に、スペインに対する不満が高まります。

経済的、宗教的な要因から、スペインはアルバ公を総督として派遣し、反対運動を徹底的に弾圧しました。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史