manapedia
関数の極限~収束~
著作名: OKボーイ
5,436 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

数列の極限と同じように関数にもまた、極限という考え方が存在します。
まずは極限の収束についてみていきましょう。
極限への収束

関数 において、xが1以外の値を取りながら1に限りなく近づくとき、f(x)の値は に限りなく近づいていきます。

このように、関数f(x)においてxの値が限りなく「a」に近づくと同時に、f(x)の値もまた「α」に近づくとき、「関数f(x)はαに収束する」と言い、次のように表します。

または
 のときに


このαのことを、f(x)の極限値と言います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学III