manapedia
現代とで意味の異なる言葉 その3
著作名: 春樹
11,747 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

現代とで意味の異なる言葉

古典の時代と現代とでは、言葉の意味が異なる単語がいくつも存在しています。
ここ10年の間でも、いろんな言葉が登場し消えて行っていますものね。
言葉の移り変わりは時代の変遷を表していると言ってもいいかもしれません。

現代とで意味の異なる言葉の3回目です。
ついで

【古】順序。次第。機会。
【現】いっしょに。
つとめて

【古】早朝。その翌朝。
【現】努力して。
つれなし

【古】もとのままだ。無情だ。
【現】情愛がない。冷淡だ。よそよそしい。
年頃

【古】長年の間。相応の年齢。年配。
【現】年齢の程度。
眺め

【古】物思いに沈んでぼんやり見ること。
【現】眺望。
情けなし

【古】思いやりがない。風流心がない。
【現】みじめで嘆かわしい。
懐かし

【古】心がひかれる。親しみが持てる。
【現】懐かしい。
なまめかし

【古】美しい。若々しい。
【現】色っぽい。
にほう

【古】美しく色づく。若々しく美しく見える。
   恩恵を受けて栄える。
   よい香りを放つ。
【現】においがする。
女房

【古】宮中の女官。
【現】妻。
念ず

【古】がまんする。
【現】祈る。
ののしる

【古】大声でさわぐ。うわさする。
【現】悪口を言う。
はかなし

【古】頼りない。かりそめだ。つまらない。
【現】あっけない。もろい。
はしたなし

【古】中途半端だ。きまりが悪い。ひどい。
【現】下品だ。いやしい。
はづかし

【古】こちらが気後れするほど相手がりっぱだ。
【現】恥ずかしい。


次のテキストを読む前に、ここの単語をしっかりと理解しておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。