manapedia
源氏物語 桐壺 その12 命婦帰参1
著作名: 春樹
13,475 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あくまでもイメージを掴む参考にしてください。
【源氏物語 原文】

命婦は、「まだ大殿籠もらせたまはざりける」と、あはれに見たてまつる。
御前の壺前栽のいとおもしろき盛りなるを御覧ずるやうにて、忍びやかに心にくき限りの女房四五人さぶらはせたまひて、御物語せさせたまふなりけり。

このごろ、明け暮れ御覧ずる長恨歌の御絵、亭子院の描かせたまひて、伊勢、貫之に詠ませたまへる、大和言の葉をも、唐土の詩をも、ただその筋をぞ、枕言にせさせたまふ。いとこまやかにありさま問はせたまふ。

あはれなりつること忍びやかに奏す。御返り御覧ずれば、
「いともかしこきは置き所もはべらず。かかる仰せ言につけても、かきくらす乱り心地になむ。荒き風ふせぎし蔭の枯れしより小萩がうへぞ静心なき」

などやうに乱りがはしきを、心をさめざりけるほどと御覧じ許すべし。いとかうしも見えじと、思し静むれど、さらにえ忍びあへさせたまはず、御覧じ初めし年月のことさへかき集め、よろづに思し続けられて、「時の間もおぼつかなかりしを、かくても月日は経にけり」と、あさましう思し召さる。

「故大納言の遺言あやまたず、宮仕への本意深くものしたりしよろこびは、かひあるさまにとこそ思ひわたりつれ。言ふかひなしや」とうちのたまはせて、いとあはれに思しやる。「かくても、おのづから若宮など生ひ出でたまはば、さるべきついでもありなむ。命長くとこそ思ひ念ぜめ」
【現代語訳】

御所へ帰った命婦は、まだお休みになられていない帝を気の毒に思いました。帝は、中庭の花が秋の盛りであるのをご覧になりながら、教養のある女房4,5人をそばに置いて、お話をされていらっしゃいました。

近頃、帝がよくご覧になるものといったら、長恨歌(これは亭止院が描かれて、伊勢や貫之にも詠ませた巻物)で、その他の日本の文でも、支那のものでも、ただその筋のもの(愛人と別れた人の悲しみが歌われた物)ばかりです。

帝は命婦に、大納言の家の様子をお尋ねになりました。命婦は身に染みる思いをしてきたことを、ひっそりと伝えます。北の方の返事に帝目を通しました。
そこには
『畏れ多いことで、どのように致したらよいのかわかりません。このようなお言葉を頂くにしても、ただ悲しいとばかり思ってしまうのです。』

『荒い風を防いできた木(御息所)が枯れてしまって、小萩(若宮)が心配でなりません』

というような、不謹慎な歌も書かれてはいますが、悲しみのために心が落ち着かないで詠んでいるのだろうと帝は思いました。帝もまた、悲しみをおさえなければならないと思うのですが、それをこらえることもできないでいます。

更衣が初めて入内してきたときのことなどを思い出してはよりいっそう悲しみにくれています。当時はしばらく離れているだけでも辛かったのに、こうして一人でも生きていられるのだから自分の気持ちは偽りだったのかなぁと思われているのです。

帝は「亡くなった大納言の遺言を守った北の方へのお礼には、その甲斐があるようにとは思っていましたが、それももう終わってしまったことです。」と言って、北の方のことをたいそう気の毒に思われていました。

「しかし更衣はいなくても、若宮が帝にでもなるようなことがあれば、更衣に后の位を送ることもできる。それまではしっかりと生きてください。」ともおっしゃっていました。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。