manapedia
源氏物語 桐壺 その4 母御息所の死去1
著作名: 春樹
9,904 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あくまでもイメージを掴む参考にしてください。
【源氏物語 原文】

その年の夏、御息所、はかなき心地にわづらひて、まかでなむとしたまふを、暇さらに許させたまはず。

年ごろ、常の篤しさになりたまへれば、御目馴れて、「なほしばしこころみよ」とのみのたまはするに、日々に重りたまひて、ただ五六日のほどにいと弱うなれば、母君泣く泣く奏して、まかでさせたてまつりたまふ。かかる折にも、あるまじき恥もこそと心づかひして、御子をば留めたてまつりて、忍びてぞ出でたまふ。
【現代語訳】

その年の夏のことです。更衣は体調を崩し実家に戻ろうとしていましたが、帝はこれをお許しになりませんでした。更衣が病弱なのは帝も見慣れていて、「もうしばらく様子をみては」とのことだったのです。

しかし、そう言っているうちに体調は次第に悪くなり、5,6日もするうちにはさらに衰弱してしまったので、更衣の母君(北の方)が泣く泣くお願いをして、ようやく帰宅させることとなりました。
このような場合でも二の宮に何かあってはならないと、更衣は二の宮を宮中に残して人目につかないように帰省をしました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。