manapedia
間接疑問文の語順~疑問詞が文章の頭にこないパターン~
著作名: ほりぃ
11,471 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに中学校のおさらい

いつ」、「どこで」、「だれ」、「何を」、「なぜ」、「どのように
を尋ねるときに、英語では疑問詞と呼ばれる単語を用いて疑問文を作ります。
疑問詞とは以下のものです。
When いつ
Where どこで
who 誰
What 何を
Why なぜ
How どのように

この5つの疑問詞を、5つの頭文字をとって5W1Hと言います。

疑問詞の使い方

疑問詞を使うときは、疑問文の一番最初に疑問詞を持ってきます。

What do you like? 何が好きですか?
Where did you go? どこへ行ったのですか?

疑問詞+do(does)+主語+動詞の原形~?の形をとります。

ここまでは中学校のおさらいですね。

疑問詞が文章の頭にこないパターン

今度は、疑問詞が文章の頭にこないパターンをみてみましょう。

彼がいつ帰ったのか知りません。

このような文章の場合、どうやって作文をすればいいでしょうか。

まず、日本語を2つの文章にわけてみましょう。

私は知りません。

彼がいつ帰ったのかを。


私は知りませんは簡単に英文になおせますね。 I don't know.です。
彼がいつ帰ったのか」これがネックです。

結論からお話しましょう。後半の文章は、when he went home. となり、2つをくっつけて
I don't know when he went home. が答えになります。

疑問詞が文章の間に入っていますね。
そして疑問詞の後は疑問詞+do(does)+主語+動詞の原形~?の形をとるはずだったのに、疑問詞+主語+動詞(時制に合わせて変化)という形になっているのも注目です。

疑問文が文章の一部として組み込まれ、主語や目的語になるとき、これを間接疑問文と言います。
間接疑問文の場合、疑問詞のあとが疑問詞+主語+動詞(時制に合わせて変化)という形になることをしっかりと把握しておきましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語