manapedia
2次関数のグラフの描き方
著作名: OKボーイ
17,639 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは2次関数  のグラフの描き方について説明しましょう。
 について考えるとします。
2次関数のグラフ

 について、x=-3からx=3まで代入したときのyの値をみてみます。
ALT


この値をグラフ上にとってみましょう。
次のグラフのようになりますね。
ALT


今回は、x=-3からx=3まで整数のみを使いましたが、さらに細かい数字を使っていくと、だんだんと点の幅が狭くなってきて次のような曲線を描くようになります。
ALT

これが のグラフです。

この曲線のことを放物線と言い、 においてa>0のとき、この曲線は求めたような形をとり、a<0のときは次のような放物線を描きます。
ALT



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学