manapedia
1次関数のグラフ
著作名: OKボーイ
13,513 views
1次関数のグラフ

y=axとy=ax+bを比べてみると、x=1としたときにy=axはy=a、y=ax+bはy=a+bの値をそれぞれとります。
つまり、同じxの値に対してyの値が「+b」になるのです。
これが意図することは、1次関数y=ax+bのグラフは、y=axのグラフを、y軸に「+b」だけ平行移動したものであるということです。

ALT

ALT


グラフで表すとこういうことですね。
このとき、y=ax+bとy軸の交点のy座標は、必ずbになります。
bのことを、y=ax+bの切片と言うので覚えておきましょう。またaのことを、y=ax+bの傾きと言います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。



最近見たテキスト
3_197 1次関数のグラフ
10分前以内
>



中学数学