manapedia
半径と弧の長さから扇の面積を求める方法
著作名: OKボーイ
96,341 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

半径が「r」、中心角が「θ」である扇の面積「S」は

で求めることができましたね。

ここでは、中心角「θ」がわからなく、その代わりに弧の長さ「l」がわかっている時でも扇の面積を求める公式を紹介しましょう。
半径「r」、弧の長さが「l」の扇の面積「S」は次のように求めることができます。


この公式を実際に求めてみましょう。
公式を導く

まず、半径「r」、中心角「θ」だけがわかっている弧の長さ「l」は
 …①

また扇の面積「S」は
 …②

まず①を変形して「πr=…」の形にします。
 …③

同様にして②も変形して「πr=…」の形にします。
 …④

③と④より


これを整理すると

が求まりますね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学