manapedia
方程式 解と係数の関係
著作名: OKボーイ
9,193 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

という方程式があります。
この方程式の解を としたときに次の法則が成り立ちます。

 …①

 …②


この公式を知っていると、2次方程式の計算が一段と楽になります。
ところで、なぜこの公式が成り立つのでしょうか。それを証明してみたいと思います。
証明

みなさんは、解の公式を覚えていますでしょうか?
そう、 の解 と は、


というものでしたね。便宜的に



としましょう。
これを実際に①と②の式に代入して計算してみましょう。


展開をすると、
となり、①の式が成り立つことが証明できます。

続いて②です
 は以下のように計算できます。



これを展開してくと、


②が成り立つことも証明できました。

では実際に問題を1つ解いてみましょう。
因数分解でも簡単に解けますが、今回はこの解と係数の法則を用いて解いてみてください。
 …③


この式の2つの解をそれぞれ としたときに解と係数の法則より
 …④
 …⑤

この④と⑤の連立方程式を解いていきます。
④を⑤に代入して計算式を解くと
は1または3、 は1または3と解がでてきます。
以上のことから、解は1と3になります。

実際に③を因数分解して解いてみると、答えが同じになります。
因数分解できるような2次方程式だといいのですが、計算のしにくい方程式の場合にはこの法則が重宝されます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II