manapedia
三平方の定理(ピタゴラスの定理)
著作名: OKボーイ
29,169 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

直角三角形の定理で、高校になってからもかなり活躍する定理をここで紹介します。その名も、三平方の定理(ピタゴラスの定理)です。
三平方の定理

ALT

まず図のような直角三角形ABCを描きます。
各頂点A、B、Cに対応する辺をそれぞれa、b、cとしたとき、次の定理が成り立ちます。

これが三平方の定理です。この定理によって、直角三角形の2辺の長さがわかっていて、もう1辺の長さがわからないといったときに、その辺の長さを簡単に計算で求めることができます。
早速使ってみましょう

では早速、次の三角形で三平方の定理を使ってみましょう。
ALT


△ABCにおいて、∠ACB=90°、辺BCと辺ACの辺の長さは図の通りです。このとき辺ABの長さを求めてみましょう。

∠ACB=90°なので、△ABCには三平方の定理が使えます。
三平方の定理より



常にAB>0なので


以上のようにして求めることができます。
比較的馴染みやすい定理ですので、さくっと自分のものにしちゃいましょう!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学