manapedia
高校生物 エネルギー利用効率を求める計算式
著作名: gg佐藤
18,741 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

これまで、計算の問題はほとんどなかった生物ですが、ここでついに1つ公式が登場します。それがエネルギー利用効率を求める計算式です。

エネルギー利用効率

エネルギー利用効率とは、ある生物群集Aが食物連鎖の1つ前の段階の生物群集Bの持っていたエネルギーをどれだけ利用できているかという指標です。

わかりやすく言うと、AがBを食べたときに、Bのエネルギーをどれくらい自分のエネルギーとして利用できているかということです。

エネルギー利用効率=Aのエネルギーの総生産量(cal)÷Bのエネルギーの総生産量(cal)×100


エネルギー利用効率は、栄養段階が高くなるほど大きくなると言われています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物