manapedia
高校生物 生態系のエネルギーの流れ
著作名: gg佐藤
10,536 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

太陽からもらったエネルギーがどう遷移していくのか

生態系のエネルギーの源は、「太陽エネルギー」です。この太陽エネルギーを使って有機物を生成するのは、もちろん植物ですね。これらの植物は光合成を行なって化学エネルギーを生産します。

植物が生産したエネルギーは、消費者(生きた植物を食べる植食の動物から始まる、一連の食物連鎖に属する動物)や分解者(細菌や菌類などの微生物群)に取り込まれていきます。
ALT

食物連鎖

エネルギーは循環しない

酸素と二酸化炭素の関係をみてみると、二酸化炭素を取り込んだ植物は、光合成を行うときに酸素を作り出します。作り出された酸素は他の動物たちが取り込み、動物たちは二酸化炭素を生成します。このように酸素と二酸化炭素はつねに循環していますよね。しかしエネルギーは、酸素と二酸化炭素の関係のように循環するものではありません。ここがそれらとの大きな違いです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物