manapedia
屈性と傾性の性質と違い~屈性編~
著作名: gg佐藤
12,574 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、植物の特性である屈性傾性について(特に屈性について)説明をしています。

屈性

植物を育てているときに、植物の茎が光のある明るい方向へと向かって伸びているのを感じたかたも多いのではないでしょうか。刺激がくる方向に対して、決まった向きに茎が屈曲していくのです。

刺激のくる方向へ屈曲する場合を正(+)、刺激がくる方向とは逆に屈曲する場合を負(-)の屈曲と言います。

植物が屈性を示すのは光だけではなく、次のようなものにも示します。

反応する刺激屈性の種類+の屈性-の屈性
屈光性茎、葉
重力屈地性
屈水性花粉管、根なし
化学物質屈化性根、花粉管なし
接触屈触性エンドウの巻きひげ、あさがおの茎などなし

ALT

きゅうりの巻きひげ

ALT

あさがお

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物