manapedia
筋肉の種類~横紋筋と平滑筋の機能と違い~
著作名: gg佐藤
29,754 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

脊椎動物の筋肉は、主に2つにわけられます。横紋筋と平滑筋です。横紋筋はさらに骨格筋と心筋とにわけられますが、これらの筋肉の性質についてこのテキストでは述べています。

横紋筋と平滑筋

まず横紋筋と平滑筋の違いについてですが、横紋筋は多数の筋繊維からできており、この筋繊維の収縮単位をサルコメアと言います。
このサルコメアが存在しているのが横紋筋、存在していないのが平滑筋です。

骨格筋:骨格についている筋肉

骨格筋は、筋繊維とよばれる細長い細胞が束になってできた筋肉です。
自分の意思で動かすことのできる筋肉です。

心筋:心臓を形成する筋肉

「心筋細胞」と耳にされたことのある方も多いかもしれませんが、心臓を形成する筋肉がこの心筋です。もちろん、自分の意思で動かすことはできません。

平滑筋:内蔵を形成する筋肉

平滑筋は、内蔵や血管を作る筋肉です。こちらも心筋と同様に、自分の意思で動かすことはできません。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物