manapedia
人の目~桿体細胞と錐体細胞の機能と分布~
著作名: gg佐藤
28,965 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

光を適刺激とする受容器を視覚器と言います。つまり「目」ですね。
人の目は、構造がカメラとよく似ていることから、カメラ眼と呼ばれます。
中でも非常に大きな役割を果たしているのが、桿体細胞錐体細胞と呼ばれる2種類の視細胞です。

桿体細胞と錐体細胞

桿体細胞と錐体細胞、この2つの視細胞で、明るい暗い、物の形や色を認識しています。

桿体細胞

桿体細胞は、弱い光を感じ取る細胞です。明るい、または暗いや物の形は認識できますが、色は識別できません。網膜全体に分布しています。
ALT


錐体細胞

一方で錐体細胞は、色を認識することはできますが、強い光がなければ反応をしません。よって明るい所で主に作用します。黄斑付近に集中して分布しています。

ちなみに夕暮れ時に色の判別が難しくなるのは、色を認識するけれども、そのためには強い光が必要となる錐体細胞に変わって、桿体細胞の反応が活発になるためです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物