manapedia
ヒトの受容器(感覚器官)とそれが受ける刺激のまとめ一覧
著作名: gg佐藤
21,228 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ヒトは、生きている環境下で様々な刺激を受けています。
例えば耳が音を感知したり、鼻で匂いを嗅ぎ分けたりと、これらは私たちの体にある受容器(または感覚器官)と呼ばれる器官が周りからの刺激に反応しているからです。

ヒトの受容器官

この受容器(感覚器官)について、どの器官がどのような刺激を受け取っているのかまとめてみましょう。

感覚受容器適刺激
視覚
聴覚音波
平衡感覚耳(前提、半規管)体の傾き、体の回転
嗅覚気体に混じっている化学成分
味覚液体、個体に混じっている化学成分
触覚皮膚外部からの機械的な刺激
痛覚皮膚強い圧力や熱など
温覚・冷覚皮膚高温・低音の刺激


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物