manapedia
体内受精と体外受精 特徴とその違い
著作名: gg佐藤
8,725 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

体内受精と体外受精

雄から放出された精子は泳いで卵子のところにいく必要があるので、受精のためには精子が泳ぐための水分が必要になります。
受精には水分が少なくてもすむ体内受精と水分の多いところで行われる体外受精の2タイプがあります。

体内受精

体内受精とは、生物において卵が雌の体内から外に出ずに、雌の体内において受精が行われることです。ヒトを始め、哺乳類や鳥類、爬虫類などが体内受精を行います。
これは体内での受精なので、水分の心配はありません。しかしもう1方の体外受精はどうでしょう。

体外受精

体外受精とは体内受精の反対で、卵が親の体外にでて、その名の通り体の外で受精が行われることです。鮭の産卵シーンを目にされた方も多いかと思いますが、まさにあれです。
主に魚類や両生類がこれを行います。最近は不妊治療の一貫で、人為的にヒトに対しても行われていますね。

生物は、環境にあわせて受精の仕方まで変化させたのですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物