manapedia
精子が形成されるまでの過程(精原細胞→精母細胞→減数分裂)
著作名: gg佐藤
29,390 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

動物が発生するためには、雄の持つ精子と雌の持つ卵子とが受精をする必要があります。ここでは、精子が形成される過程についてみていきましょう。

精子が形成されるまで

精子や卵子のもととなる始原生殖細胞、これがすべての始まりです。
始原生殖細胞は、まだ私たちの体が母親の体内で胚である時期から発生しています。始原生殖細胞は発生した時点で、雄になるのかそれとも雌になるのかの情報を持っていますので、精子と卵子との受精後の段階で、私たちの性別は決められていたということになります。

ALT


この始原生殖細胞から、精子のもとである精原細胞ができます。
幼少期にはこの精原細胞に変化はありませんが、体が成熟してくるに従ってこの精原細胞も成長をし、一次精母細胞へと変化します。一次精母細胞はさらに減数分裂を行なって2この二次精母細胞へと、最終的には4この精細胞となり、これがさらに変化をすることで精子の形になります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物