manapedia
胚と胚乳は何に成長するのか
著作名: gg佐藤
11,408 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

胚と胚乳は何に成長するのか

種子植物は受粉から受精を経て、胚乳を形成します。それぞれが何に成長していくかを説明しましょう。


胚は精細胞(裸子植物では精子にあたる)と卵細胞が受精後にできるもので、完全な個体になるまでのものを胚と言います。胚は植物に成長する部分ですが、さらに詳しく言うと、子葉・葉芽・胚軸・葉痕に変化していきます。

胚乳

胚乳は、精細胞と中央細胞が受精後にできるもので(裸子植物で胚のうが変化してできます。)、将来種子になる部分です。内乳の中にはデンプンなどの栄養素が蓄えられており、この栄養素は種子が発芽するときのエネルギーとして使われます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物