manapedia
染色体の減数分裂と半減する理由
著作名: gg佐藤
11,089 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

染色体の減数分裂

ALT

有性生殖では、配偶子が形成されるときに、親がそれぞれ持つ遺伝子を半分ずづ子に受け継ぎます。もちろん染色体の数も半分になります。染色体の数が半分になる現象のことを減数分裂と言います。

ヒトで言うとヒトは46本の染色体を持っていますが、23本ずつを両親から受け継いでいるということになります。

なぜ減数分裂が起こるのか

仮に減数分裂が起こらなかったとすると、子供は父親と母親からそれぞれ46本ずつの染色体を受け継ぐことになるので、子供の持つ染色体は92本ということになってしまいます。さらにその子供は倍の184本。こうなると種の維持が難しくなるので、そのために減数分裂が行われていると考えられています。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物