manapedia
正負の数
著作名: OKボーイ
16,883 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

正負の数は算数から数学に代わって初めて出てくる単元です。
算数と数学の大きな違いは、マイナスがでてくることです。

それでは数学の基礎である正負の数についてご説明します。
正負の数とはその名のとおり、正の数負の数からできたものことです。
正の数は 0(ゼロ)より大きな数を表し、正の符号+(プラス)つけます。
負の数は 0より小さな数を表し負の符号-(マイナス)をつけます。

具体的に表すと以下のようになります
正の数:+1、+2、+3、+4……
負の数:-1、-2、-3、-4……

正の数は+、負の数は-

図で表すと以下のようになります。

ALT

0(ゼロ)を基準に数が増えると正の数、数が減ると負の数となります。


正の数は、私たちが物を数えたりしている時など普段使っている数を表します。+を省略して書くことが多いですが、負の数に慣れるまでは書くように心がけましょう。
負の数は、足りない数を表す時に使います。

たとえば、
「200円のジュースを買いたいけど100円しかもっていない。」
「100円足りません。」
これを符号を使って表すと「-100円」となります。

このように、負の数はできています。数学は正負の数から!
具体的な使用例や計算方法については正負の数の計算で説明しましょう。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
3_197 正負の数
10分前以内
>




中学数学