manapedia
主な生物分布の法則
著作名: gg佐藤
9,096 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ここでは、主な生物分布の法則についてまとめてみました。
法則詳細
ベルクマンの法則寒い地域に住む種ほど、暖かい地域に住む同じ種よりも体が大きい
アレンの法則寒い地域に住む種ほど、温かい地域に住む同じ種よりも耳や足などの突出部が小さくなる
グローシャーの法則寒い地域に住む種ほど、温かい地域に住む同じ種よりも体(体毛)の色が薄くなる
ラポポートの法則緯度が高い地域(寒帯温帯)より、低い地帯(熱帯)の方が、一般的に動植物の種類が多い
フォスターの法則島のように孤立した地域の動物は、大型動物であればサイズが小さくなり、小型動物であればサイズが大きくなる
レンシュの法則雄と雌のサイズで、雄の方が大きときはそのサイズ差は広がり、雌の方が大きいときは、そのサイズ差は縮まる
コープの法則生物は進化に伴い体が大きくなる



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物