manapedia
水が不足すると植物はどうなるのか
著作名: gg佐藤
6,660 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

普段は根から水分を吸い上げている植物ですが、土壌の水分が少なくなってしまったり、天気がよすぎて蒸散しすぎてしまうと(水分を出しすぎてしまうと)、植物は枯れてしまいます。
しかし、移動することはできない植物といえど、さすがに枯れる前に抵抗をみせます。その抵抗について述べて行きましょう。
気孔を閉じる

水分が足りなくなると、まず植物は蒸散で飛んで行く水分の量を抑えようとします。アブシン酸という物質が生成され、この働きによって気孔を閉じるのです。
これによって蒸散で飛んで行く水分の量を10分の1~30分の1に抑えます。
吸水力を上げる

それでも水分が足りなくなると、今度は根の吸水力を上げます。これは植物内の水分が少なくなったことによって、細胞内の浸透圧が高まることで起こる現象です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物