manapedia
生物基礎 主なホルモンの分泌場所とその作用を表にまとめてみた
著作名: gg佐藤
25,508 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ホルモンとは

我々の体内の中では、ホルモンと呼ばれる分泌液が生成されています。
このホルモンには多くの種類があり、それらはある決まった器官で合成・分泌されます。生成されたあと血液にのって体内をめぐり、別の決まった器官でその効果を発揮します。

主なホルモンの分泌場所とその作用

ここでは、体内に分泌される主なホルモンとそのホルモンが分泌される場所、そしてその作用について表にまとめてみました。

ホルモンの名前主な分泌腺作用
アドレナリン副腎髄質血糖値を上げる
チロキシン(サイロキシン)甲状腺(濾胞傍細胞)異化作用の促進
エストロゲン卵巣女性の性活動の発現促進、女性二次性徴の促進
インシュリンすい臓血糖値を下げる
糖質コルチコイド副腎皮質血糖値を上げる


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物