manapedia
生物基礎 交感神経系と副交感神経系の主な作用とその違い
著作名: gg佐藤
30,560 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

前回のテキストでは、自律神経の働きについて説明し、その自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成ことを述べました。今回はその続きです。両神経の役割について説明していきましょう。

交感神経系と副交感神経系の役割


瞳孔鼓動血圧呼吸消化液の分泌
交感神経系ひらく速くする上げる速くする抑える
副交感神経系とじる抑える下げる抑える多く出す


上記に挙げたのは、交感神経系と副交感神経系の主な役割です。(他にもまだまだあります)
簡単に述べると、交感神経系は、気が立っている・興奮状態にあるときに働き、副交感神経系は、気を落ち着かせ・休息を取るときに働くということです。

両神経が働くときにホルモンが分泌されるのですが、交換副神経が働くとアドレナリン(ノルエピネフリン)が、副交感神経が働くとアセチルコリンが分泌をされます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物