manapedia
生物基礎 体液とその役割~組織液~
著作名: gg佐藤
36,184 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

前回のおさらい

前回のテキスト「体液とその役割~血液~」では、体液には血液組織液リンパ液の3種類があることを説明し、その中でも血液の役割について述べました。今回はその2回目、組織液についてみていきましょう。

組織液とは

組織液とは、毛細血管の壁から組織の細胞間に染み出した血しょうの成分のことです。間質液とも呼ばれています。
人の体内には約11リットルの組織液が含まれており、細胞に栄養分を供給したり、細胞から老廃物を受け取ったりする役割を果たしています。

血しょうと組織液の違いは?

毛細血管からはみ出してきた血しょうが組織液の主な成分ということで、血しょうと組織液の性質は似ています。ただ、血管内には血しょう、組織の周りには組織液と区別ができるようにはしておきましょう。

リンパ液については次のテキスト「体液とその役割~リンパ液~」で説明しましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物