manapedia
高校物理 光電効果とは
著作名: 藤山不二雄
6,878 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

光電効果とは

光電効果とは、物質に光があたると、中の電子が飛び出したり、光伝導や光起電力が現れる現象のことです。

光電効果には以下の性質があります。
①飛び出てくる電子の数は、光の強さに比例する。

②光電効果は、ある一定以上大きな振動数でなければ起こらず、それ以下の振動数の光をいくら当てても電子は飛び出してこない

③強い光をあてるとたくさんの電子が飛び出すが、電子1個あたりの運動エネルギーに変化はない


ちなみにアインシュタインは、この現象をきちんと説明づけたことでノーベル物理学賞を受賞しています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理