manapedia
物理基礎 運動エネルギーの公式の求め方
著作名: 藤山不二雄
145,846 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

運動している物体の速度を変化させるために必要なエネルギー(仕事)のことを運動エネルギーと言います。ここではこの運動エネルギーの計算式を説明していきましょう。

運動エネルギーの計算式を求めてみます

ALT

重さがm(kg)の物体が速さv(m/s)で左から右へ移動しているとき、この物体に進んでいる方向とは逆向き(この場合右から左)に一定の力(-F)を加えてみます。すると、物体は減速して止まります。
力を加えてから止まるまでの距離をx(m)としましょう。このとき、減速しながら進む物体の加速度「a」は
 より  となります。

ここで1つ思い出してください。
等加速度直線運動の公式にこのようなものがありました。


ここでは 
 

  
なので、これらを代入して





Fxは、仕事「ω」に相当するものでしたので
 となります。

Wの単位はJ(ジュール)でしたね。すなわちこの物体は、J(ジュール) のエネルギーを持っていることを意味します。

このエネルギーこそが運動エネルギー(運動している物体の速度を変化させるために必要なエネルギー)であり、この運動エネルギーをKというアルファベットを用いて表します。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理