manapedia
運動量保存の法則の公式~止まっているものにぶつかる場合~
著作名: 藤山不二雄
5,926 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは運動量保存の法則の中でも、止まっている物体に動いている物体がぶつかる場合にフォーカスをして述べて行きましょう。
図のように球Aを止まっている球Bにぶつけます。球Aは  m/s の速さでBにぶつかり、A・Bの質量はそれぞれ  (kg) と  (kg) です。AがBにぶつかったあと、BはAの力を受けて右に動くわけですが、このときのBの速度を求めてみましょう。

ALT


公式の紹介

この手の問題で、あてはまる公式があります。
AがBにぶつかったあとのBの速度をvとすると
(m/s)
で求めることができます。
止まっているものにぶつかる場合の公式です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理