manapedia
多角形の面積を、三角比を用いて求める場合
著作名: OKボーイ
11,822 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

多角形の面積

ALT

上記のような正12角形の面積を求めよという問題があったとします。
このように一見難しそうな問題であっても、三角比を用いれば簡単に求めることができます。
補助線を引く

以下のように補助線を書き、便宜的に点A、点Bを決めます。
AO=BO=aとします。
ALT

正12角形は、同じ面積の三角形が12個くっついてできた図形なので、三角形AOBの面積を求めてそれを12倍すればよいわけです。
三角比で三角形の面積を求める公式

三角比で三角形の面積を求める公式をみなさん覚えていますか?

 でしたよね。

この公式を使って三角形AOBの面積Sを求めます。
公式より  

となります。
ここで∠AOBについて考えてみましょう。
正12角形を形成する12個の三角形は、すべて合同な形をしていますので、角度や辺の長さはすべて同じになります。
ですので、
∠AOB=360°÷12=30°となり

となります。
ケアレスミスのないように!

最後に忘れないでおいてください!
この問題は正12角形の面積を求める問題です。
いま求めたのは三角形AOBの面積なので、これを12倍しなければ答えになりません。
せっかくここまで解いたのにうっかり最後を忘れて間違いになってしまったらもったいないです。
しっかりと最後まで意識を持つようにしましょう。

正12角形の面積は
 となります。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I